カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ
特許製品 パナスRゴールドクリーナー(磁気導入)Panas science
42,120円(税3,120円)
購入数

特許製品 パナスRゴールドクリーナー(磁気導入)Panas science
42,120円(税3,120円)


知っていますか?

日々使っているファンデーションの色を作る時に必ず使われる「赤」「青」「黄」の3色。
このうち「赤」の色、これは鉄分で出来ています。地球は大きな磁力です。よって私達人間の体は磁気を帯びている為、鉄分である「赤色」の成分は肌に吸い寄せられ毛穴の奥でくっついてしまい洗顔やパックでは絶対に取れません。

この長年にわたり毛穴の奥で溜まっていく鉄分の汚れ、酸化鉄を取り除こうと必死に研究し、発見、開発したのがこの磁気美顔器、「パナスRゴールドクリーナー」です。

パック剤である泥砂鉄(磁力で取り去る特殊な泥。大自然の中で熟成され、必須美容ミネラルである硫黄、マグネシウム、カルシウムなどが豊富に含まれています。)に毛穴の奥に蓄積された鉄分の汚れはもちろんの事、アトピー菌やニキビ菌も綺麗に吸い寄せ完全に取り除きます。

更に凄いのはお肌に触れる事なく近づけただけで泥と汚れをシューっと吸い取りますので、
お肌に一切の負担をかけません。



あのマドンナが絶賛する「磁気美容」

弊社の商品が本家本元
磁気のパワーが違います。
特許取得済みで磁気のパワーと威力が
段違いに違うのです。



【 本体 】
51(W)×43(H)×180(D)

【 材質 】
ABC樹脂、磁石、鉄

【 重量】
本体/約160g ホルダー/約60g

【 製造販売元】
プランドゥシー・メディカル株式会社


※「効果・効能については、個人差があります」
 「合わない場合は、利用を中止し医師に相談してください」



その他のおすすめプラセンタ商品はこちらから↓


この商品を購入する
【 ★日本初のプラセンタの歴史 】

1943年の第二次世界大戦末期、食糧不足による栄養失調から数多くの命が失われました。
文部省学術部は国民、特に妊産婦の母乳分泌不全と新生児の命を守るために、全国の国立大学に高度栄養剤の研究・開発の指令を出しました。
そこで京都大学医学部・産婦人科の三林隆吉博士の脳裏にひらめいたのが人間の胎盤の活用でした。 人間以外の哺乳類は出産後、自分の胎盤を食べることで母乳の栄養素を保っているということから、
この胎盤になんらかの栄養があると臨床試験をくり返し、研究を重ねていきました。結果、1945年に初めて、プラセンタは高度な特殊栄養剤として学会で発表されました。
その栄養剤はビタエックス(生命力と未知の物質を表すもの)と命名され、三林博士はその後も臨床実験をくり返しさまざまな疾患に応用して多大な効果を上げています。
その日本初のプラセンタは、三林博士が認定した医薬品会社が1955年に受け継ぎ、乾燥した胎盤の微粉末と加水分解質を混合した原液を主成分とする錠剤や液状などの内服薬を製造・販売するに至っています。
その後、医薬品に使用したプラセンタを利用して化粧品・栄養食品の製造を行なっております。